鼻下ノビオ(笑)

  • 2017.02.24 Friday
  • 05:20
■2.23.木

喧噪の街にドンと浮んだ心臓の如く真っ赤に燃える観覧車は実はこの女優たちの闘い血走る熱量で廻ってたのではなかろうか。
プロレス大好き少年だったオレに直球変化球のストライクの嵐。
男優陣やゲストもしっかり舞台を支え烈しさユーモアお色気特盛り
…石原正一ショー「筋肉少女17」感劇!

漫画「キン肉マン」の登場人物の娘たちが通う「超人女子学園」。そこへ転校生として現れたひろみを軸に超女No.1を目指し、ライバルと熾烈な闘いが行われるのを学園コメディ風に描く。
「筋肉少女17」、17はワンセブンと呼ばれてた。ワンセブンっていい響きやけど何かなぁ、出演者の数かなぁと思い、当日チラシに書いてる役者さんの数を数えたりもしたが違うなぁ。
しばらくして、ああ、そうかと思う。これまで1999年、2009年、2013年と上演してきて今回が4回目の再演ということだ。そのことから吟味して、おそらく2017年の"17"なのだろう、と自分なりに納得した。

さて、石原正一ショー。石原正一さんはずっと存じ上げてはいたが観劇したこと、お会いしたことはなかった。
今日は先日の芸創でのGPP、アクアクの舞台でご一緒した丹下ちゃん、東ちゃんが出るとあり、HEPHALLへ馳せ参じ、初めて観たのであった。
ほんわかした笑いが起こるなか、すごい集中力と熱量でテンポよく進んでいく。

烈しさとお色気と笑顔が山盛り丹下ちゃん。
啖呵切るそのシルエット麗しや東ちゃん。

終演後。筋肉痛と空腹なのに加え、おそらくホールの空調のひんやりした風がちょうど直下する座席位置に居たためによる微熱で、オレはちょっぴり顔面蒼白だったが、丹下ちゃん東ちゃんと面会してもらった。一緒に写真も撮ってもらった。
オレ、鼻下ノビオ(笑)だな。
髭剃りすっきり直後なのもあるが写真を後で見て思った。

帰路、梅田の行きつけの立ち呑みに少し寄ろうと訪れるも、行きたい二軒とも閉店時間がきてた様子で入れずじまい。
「やっぱり牛丼やな」と牛丼を食し帰った。

風の中の、オレたち。

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 03:39
風が強かった。
ふと思った「風の中のあいつ」。見たことないけどドラマ、タイトルだけ覚えてる。
…あいつ、「あいつ」って映画。岡本健一さんと石田ひかりさんの。いい映画だった。
男闘呼組、おとこぐみ。漢字で書いてもすごい感じ。高橋和也さんもいい顔してる。あと、前田耕陽さん、成田昭次さんだった。成田さんはエレカシのベースを弾いてる高緑さんと印象が似ている、いい男だなぁ、って顔をしてはる。


砂が舞っていた。ビルの屋上で。公園で。
公園で弁当食べてたら一緒に砂も噛んだ。砂を噛むような…じゃりじゃり。砂利も、じゃりじゃりからきてるのか。
帰って来てから図書館で借りてきたDVDを見た。

歌舞伎 梅雨小袖昔八丈〜「髪結新三 」(つゆこそでむかしはちじょう〜かみゆいしんざ)2000年4月、歌舞伎座・収録
作:河竹黙阿弥
出演
新三:中村勘九郎
弥太五郎源七:片岡仁左衛門
白子屋娘お熊:坂東玉三郎
下剃勝奴:市川染五郎
家主長兵衛:中村富十郎
白子屋手代・忠七:中村芝翫
など錚々たるメンバー。

中村勘九郎さん(亡くなりはった勘三郎さん)がナタですぱすぱ切るような江戸っ子口調で目が覚めるよう。
第二場、永代橋川端の場に惹きつけられた。パッケージの写真にもなってる場面。

新三に傘でどつかれ蹴られする忠七がすごくいいなぁ、と思ったら中村芝翫さん。この前の正月興行で芝翫襲名披露を観たところだが、先代の芝翫さん。現芝翫さん元橋之助さんのお父さん。受けがすばらしい。



舞台の打ち上げ。楽屋かな。たくさんの人が居る。公演の映像を早速見てるので横から見る。編集でオープニングに「オレたちひょうきん族」に出てきそうな映像がつけ加わっていて、「オレたち、オレたちや」とぼくは言う。
…そんな夢を見た。

疲れてたからか、DVD途中で寝てしまってた。音声が歌舞伎だったからか舞台の夢を見てた。この前見てた舞台稽古の夢の続きやね。
目を開けたら涙が目尻と目頭から砂を追い出してくれていた。
風呂に入ろう、洗濯もん干そう、光熱費の計算をまとめよう、とあれやこれや思いつつ、寝てた。サクラがずっと胸の上に居た。靴下片っぽ脱げていた。蓮ちゃんはソファで丸くなってた。

早よ寝直さな。

踏ん張る

  • 2017.02.20 Monday
  • 09:35
髭よさらば、髭よありがとう。
髭を剃ったのだ。
去年の春頃から伸ばしてた。
「Social walk」、「CLOCK」、「Social talk」、「Actor,Actress,and more」、(全部横文字やね)
四つの舞台を髭を生やして出た。

来月は餅つきの舞台がちょこちょこあるのもあり、いったん剃ったのもある。

後ろ姿がぼく。

ラジオで、脳を鍛える という話しをしてた。加藤としのりという人が話してた。
やってみると脳が鍛えられる、ということだ。↓
○朝、読んだ新聞を足で畳む
○足の小指が大切
○ちょっとしたことを左手でやってみる。歯磨きとか
○新しいことに挑戦する。俳句とか
○食べものは大豆と魚 がいいらしい

脳を鍛えて頑張って生きていこう、と思った。
うーん、頑張る、より、ドーンといこうぜ!(エレカシ 宮本さん)、ドーンといってみよう(欽ちゃん)って感じがいいか。
頑張る、より、踏ん張る がいいか。うん。
にゃあ。

おゝハッピーデイ

  • 2017.02.14 Tuesday
  • 04:05
GPP「Actor,Actress,and more」 2月10(金)〜12(日)大阪市立芸術創造館
無事に終演しました。
約1か月間、演出の泉さん、はじめ共演の皆さん、スタッフさんに大変お世話になりました。
ご来場いただきましたお客さま、有難うございました。


VOGA「Social talk」の舞台を終えてから直ぐ稽古に参加し、初めてのコメディ、新しい刺激だった。「Actor,Actress,and more」、#アクアクは、どきどき、アクアクの連続だった。
客席から笑いがどっかん起こることに舞台袖で震えた。ダブルコールの時のフリートークでモノマネをふられたのが怖い夢の中にいるようだった。結果的に楽しみ過ぎるぐらい楽しめた。


ホーンテッドガールで一緒だった皆さん!

☆空気を上手に読み取るなぁ。変わった動きやさりげないユーモアで和ませてくれ、一緒に悲しい顔や嬉しい顔で向き合う場面がいつも居心地よかった、
佐々木ヤス子ちゃん。

☆可愛いのにドスのきいた声というのがマッチしてた。瞬間的に整理して次にずばっと出すのが巧みだった。一番年少なのに頼もしかった。居酒屋まんまのエリンギを実に美味しそうに食べていた、
三原悠里ちゃん。

☆身体全体から言葉が生き物のようにほとばしる、弾けだすのに驚いた。前へ向かう姿勢の横顔が輝いてた。距離と間合いの大切さを感じさせてくれた。エネルギーをチョコレートで補っていた、
丹下真寿美さん。

☆最初の頃にカゲちゃんと呼んでくれ、初めてほっとさせてくれた。ありのままの姿で、落ち着かせてくれた。最後の「聞こえてるわよバカ娘ども」に温かさと実感があって、じんとしていた、
中村ゆりさん。


トランプで言うたら、jokerみたいなぼくを迎え入れてくれ、ヒデキ感激、ありがとう。またの共演を夢に見て…
皆さんと、時にきびしく時にあたたかく苦楽を共にし、最後はハッピーデイな大団円だった。
ほんまに毎日おゝハッピーデイ…
なんやかんやなさみしさがガタガタと帰りの快速列車で加速していた。

劇中、頑固だった父マックスが娘たちとの仲直りのしるしに、映画「天使にラブソングを2」でも感動する Oh happy day を、修道服を着て歌い出すという飛び道具的な機会を与えてもらった。
歌、大丈夫かなぁと思ってたところ、演出の泉さんから、歌うことよりも、娘たちに語りかけるようにお願いします、と言われ、 ある女優さんが初めてミュージカルに出ることなったときに先輩の草笛光子さんから「あなた、歌は台詞と同じように語りかけなさい」と言われた というエピソードと、しっくりシンクロし、なんだかふっと気持ちが楽になった。
…ってことで、歌を自分にしっかり、しっくり寄せようと、自分なりに意訳(誤訳?)し、その言葉をめぐらせながら舞台に立ってた。語りかけた。
幸せだった家族の日々のありがたみに気づかされた父が娘たちに語りかけていく。

以下の文がそのカゲロヲ意訳ですが、よかったらOh happy day を聴きながら楽しんでください。



Oh happy day
あゝ 幸せだったな

Oh happy day
あゝ 幸せだったよ

When Jesus washed
汚れちまったシャツを洗おう

When Jesus washed
ついでに心も洗おうよ

Jesus washed
洗って干して乾かそう

Washed my sins away
乾かすためには光が必要

Oh happy day
…幸せな光

La, la, la, la, la, la, la, la, la
ララララ笑おうよ

La, la, la, la, la
笑っておくれよ

La, la, la, la, la, la, la
ララララ出かけよう

La, la, la, la, la
行かないのかい?

Oh happy day (oh happy day)
幸せな光

Oh happy day (oh happy day)
幸せな日々よ

When Jesus washed (when Jesus washed)
汚れちまったシャツを洗おう

When Jesus washed (when Jesus washed)
ついでに心も洗おうよ

When my Jesus washed(when my Jesus washed)
洗って干して乾かそう

He washed my sins away
幸せな光で

La, la, la, la, la, la, la, la, la
ララララ笑おうよ

La, la, la, la, la
出かけよう

He taught me how (oh, He taught me how)
ひ、と、み、に、光!

To wash (to wash, to wash)
あ、ふ、れ

Fight and pray (to fight and pray)
出かけようよ

Fight and pray
出かけよう!

And he taught me how to live rejoicing yes, He did (and live rejoicing)
楽しく、 笑って、歌って

Oh yeah, every, every day (every, every day)
毎日、毎日

Every day!
毎日!


皆さんの光あふれるハッピーデイをお祈りします。

追伸
修道服で出番直前の姿を撮ってくれた伊藤駿九郎君、加えて言うなら同じく帰り道いつも一緒だった演出助手の小山雄太君、同じく最寄り駅まで一緒だった宮坂美帆さん、話しながら気持ちがほぐれて明日も頑張ろうと思う帰り道をいつもありがとさんでした。

しょにうち

  • 2017.02.11 Saturday
  • 03:45
GPP、初日が無事に開けた。
降り始めた雪と飲み過ぎが心配でひとり帰るとこ駅で共演者と会い缶チューハイでささやかに乾杯した。
初日打ち上げのことを、「しょにうち」と言うそうな。ぽそっと初めて言ってみた
‘しょにうち’
初めて口にしたことをここに記す。


雪の帰り道、ふと携帯のメモファイルのハッとした時メモを何気なく見返した。
〈7/14夜 ラジオ深夜便で〉
山崎努さん。
好きな食べ物は、ぬか漬け。
朝イチに必ず便を出す。
自分を出すより、自分を隠すことに興味がある。 しいていえば、ユーモアを意識する。ユーモアは自分の演技に距離をとれる。
常にゼロから。
白紙に戻す。
引き出しは嫌い。
いつもアマチュアでいたい。何故かというと、人間はなんにもわかってない生き物だから。
人間というのは人生のアマチュア。 わからないことを楽しむ。
役と自分の関係だけ。
俳優のイメージには無関心。

…山崎努さんが話してる言葉の断片をメモしていた。
いまの自分に照らし合せてみる。

明日も舞台が待っている。
自分や周りの人を信じて立てる舞台が待っている。
充実している。

蓮ちゃんがかまってくれとタンスの上から見下ろしている。

お腹から胸の上にサクラ、腕まくらに蓮ちゃんの猫暖房で眠る。

本日初日

  • 2017.02.10 Friday
  • 10:26
GPP本日初日。

晴天の空に小雪がチラチラ。初日は期待と不安がさまざまな割り具合で胸の中にある。今日は七:三くらいかな。


厳格で古臭い父親のマックス。
初めにマックス像をイメージしたとき何故かDrスランプの則巻千兵衛をふわっと思った…。
今回出演の皆さんとは初めましての方ばかりなのに、外の寒さと裏腹にやさしく煮込んだシチューを思わす温かさで迎え入れていただき、ヒデキ感激でした。
ホーンテッド組は女優揃いで、男一匹馴染んでいけるか心配でしたが、煮え立つうどんに揚げをのせるよう、身体と声をえいっとのせたら心地よく心配なんかすぐにどっかに吹き飛びました。 時にやわらかく時にさりげなく転んだり立ち上がったり祈ったり唸ったり、良かったり悪かったり含め目と目でパチパチ通じ合う、そういう仲になれたかな?
演出の泉さんは脳外科医がさらさらスケッチするようにダメだしをさらさら書いています。
古道具屋のご主人のように腕組みしてるプロデューサーの前田さん。
脚本の二朗松田さんは静かなる林の如く。
音響さん照明さん舞台監督さんスタッフさん、幕が開いたらお客さんの眼差しが加わり交差し織り成す舞台。
泉さんが始めと終わりに手をパンと叩きます。この手の鳴る音に気持ちがいつも引き締まります。

「笑いは緊張と緩和 by桂枝雀」
…あゝそうだ、泉さんは脳外科医というよりも、張りつめたり緩めたり、一音一音確かめる調律師みたいかもしれません。
この舞台での出来事が皆さんの記憶の底にいつまでもこびりつきますよう。
ご来場お待ちしております。

俳優の仕事

  • 2017.02.01 Wednesday
  • 10:35
公演で出た端材をゴミ捨てに行く。

ゴミ捨てに行った先の係りの人とのやり取りに現場って感じの新鮮な気持ちを思い出した。


「俳優の仕事は人間を一人つくることである。行動を積み重ねてつくり上げる」(永井一郎)…我々は日常においても人間をよく知ることから逃げてはならない。

冬の夜

  • 2017.01.28 Saturday
  • 10:45


酒粕から甘酒を作った。意外に初めてだった。
ひとり鍋
侘しさと至福
入り混じり


冬の夜
猫とストーブと
ラジカセと猫


あらびっくり
蓮ちゃん ひょっこり
かくれんぼ

冬の夜と言えば、エレカシの「冬の夜」が好きだ。

Social talk

  • 2017.01.14 Saturday
  • 06:58


今朝は昨日より冷えて感じる。
寝床のそばのストーブを点けた。
枕元に猫が寝ている。
だいたい明け方に夢を見る。
その夢に出てくる人が、今日の吉兆を占う。
今日も夢の中の呑み屋の設定で大事な人に会えて、起きて、すっきりした気持ち。
寝る前の酒も飲まず、頭もちょっとすっきり。

昨日、無事に初日が幕開けた。
朝、外に出てしばらく歩いた小さな川でトラックから下りてくる倉庫の家主のお父さんと目が合い挨拶した。
その先で、小さな家に住んでる小さなおばちゃんが道端に洗濯もんを干しているのを見かけた。
二人には常日頃から何か天使みたいな純粋さを感じている。だから勝手に天使のおっちゃん、天使のおばちゃんと心の中で呼んでいる。
天使に二人も会えた日は間違いなくいい日なのだ。
さぁ、今日はどうだろう。

昨日、初日を通して「Social talk」、いい作品だなぁと、実感が湧いた。
近藤和見の脚本、演出、音楽、振付が冴えている。 演者、スタッフが頼もしい。劇場空間がいい。
いろいろきびしく突き詰めてることの体現ができ、見えてきたものが大きいなぁと感じ、これはたくさんの人に観ていただきたいなぁと思っている。

役者たちの踏ん張りに互いに影響し合い、高めていく。
スタッフのしっかりした動きで運ばれる舞台に飛びこんでいく。
さらに、客席のお客さんに包まれて、世界が広がる。

##########

VOGA第13回本公演『Social talk』
〈演出〉近藤和見

[日程]2017年1月13日(金)〜16日(月)
[会場]京都府立文化芸術会館

[公演日時]
13日(金) 19:00
14日(土) 13:30/19:00
15日(日) 13:30/19:00
16日(月) 19:00
受付開始は開演45分前/開場は開演30分前

[チケット]
〔一般〕前売/4,500円 当日/5,500円
〔学生〕前売/2,800円 当日/3,800円
〔ペア券〕前売のみ/8,400円(同日使用のみ)
〔半券割〕2,500円

[チケット購入方法]
・VOGA Webshopにて
http://voga.base.ec/

・イープラスにて
http://eplus.jp/

・メール予約
info@lowotarvoga.net
?お名前 ?お電話番号 ?日程 ?枚数 ?券種をお書きの上お送りください。

〈Cast〉
草壁 カゲロヲ
うめいまほ
渡辺 綾子
西村 麻生
小森 ちひろ
長谷川 りか
今道 鮎美
佐藤 敦子(以上VOGA)

岩本 苑子(少年王者舘)
寺岡 千尋
久保 健太
石井 歩
東 洋(東洋企画)
笠原 湧
戸梶 泰志
國枝 千尋(劇団六風館)
福本 純里
安田 成穂

〈Drums〉
竹内圭

〈staff〉
脚本・音楽・振付=近藤 和見
舞台監督=冨田 聖夫
演出助手=タナカ・G・ツヨシ
美術=多賀 慧(劇団「劇団」)
美術協力=松本 謙一郎
テクニカル・アドバイザー=大沢 安彦(RYU)
小道具=今道 鮎美
照明=高円 敦美
音響=田鹿 充
SE=甲田 徹
映像=吉光 清隆(PLAYSPACE)
映像アシスタント=古賀 睦
衣裳=山口 禮子
宣伝美術=森宗 香土巳
情宣写真=酒谷 薫(SARUGRAPH)
記録映像=株式会社虹映社
記録写真=井上 嘉和(株式会社 井上写真事務所)
児島 功一郎
制作協力=伊藤 豊
平井 陽(地球は丸い)
仲島 義人(地球は丸い)
岡野 万里子
協力=ALL NEW COMPANY
artical-inc
制作=永井 ゆきこ
統括=水波 流
プロデューサー=齋藤 秀雄

[主催]
VOGA

[協賛]
共立メンテナンス
Lepton

[後援]
KBS京都
工房 枡屋儀兵衛
ART COMPLEX

[制作支援]
京都芸術センター
芸術創造館

[共催]
株式会社ISSO

CLOCK

  • 2016.10.14 Friday
  • 05:38
初めてのミュージカル。どうなるかと思いつつ、スロースターターだし8月の終わりくらいからちょこちょこ稽古に参加していた。もう秋。

演出するたかさきさんがいつも明るく迎えてくれた。
入ったら、皆さん気持ちよく挨拶してくれる。 京田辺の稽古場スタジオワンダーラーに向かうのはいつも新鮮な気持ちだった。
ぼくの草壁と同じ音の苗字の日下部遥さんと劇中のペアとなり稽古するのも新鮮な気持ちの要因のひとつだ。
二人では行動の動機づけを鮮明にすることを中心に動きを合わせた。


歌の練習も新鮮だった。
歌唱指導の有里さんがさらりとピアノを弾きながら、皆をまとめる。大らかで、ポイントははっきり言ってくれるので、すんなりと入っていけた。

振り付けは、金田さんが来られ、パパッと決まっていった。
覚えるまでなかなか時間がかかった。出演も振り付けもする池君にだいぶお世話になった。

稽古場はいつも元気いっぱいなお花畑みたいであったが、藤咲みどりさんが来られて、ひときわ美しい花が咲くようであった。



全体が見えてきて、身体に沁み渡るようにいっぱいのものを感じだした。その時々の心の置き所もはっきりしてきた。
たかさきさんは、「推進力を持ったものを」とよくおっしゃっていた。
他にも、いっぱい名言があり、ぼくはその言葉によく泣きそうになっていた。

いよいよ、明日から小屋入りし、明後日から本番が始まる。

皆のエネルギーを握りしめ、一回一回燃え尽きるように、しっかりとつとめたいと思う。

どうか、たくさんの人に届きますように!

『CLOCK〜トライアングルウォーズ〜』 10月15日(土) 13:30/18:00 10月16日(日) 12:30/16:00 文化パルク城陽 前売:2800円 当日:3000円 factory.one-darer.com

チケットお求めの方、連絡下さい。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM