ピアノの音色に合わせてさ

  • 2013.12.17 Tuesday
  • 19:03
 ピアノの音色に合わせてさ 鱧が生け簀を泳いでる。
そのさざ波をピアニッシモで指で叩くと鱧に指を喰われたよ。

 チェロの音色に合わせてさ 墓場を歩いてみたんだよ。
あるような気がして見るとあるじゃないか、自分の墓の土台。墓石はないが自分の墓だと、隣の幽霊みたいなかすれ声が教えてくれた。

 ハミングなら1/3 そんな洗剤の歌があったよ。
一体何が1/3だったのかな、と散文の位置にクエスチョンをマークする。

 ドヴォルザークに合わせてさ 光る街灯を首を後ろに倒して眺めながら自転車で。
鼻唄が自転車ならふわって浮かぶのに電車だと浮かばないのは何故かしら。
解き放たれてないからかしら。

 空っ風、裸んぼうの木の下にあなたはいない。
背中撫でるぜセレナーデ。空っ風のセレナーデ。
こんな夜はうーんバターピーナッツがやはりうまい。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM