ナウ!

  • 2015.01.29 Thursday
  • 18:45
冬らしくやや冷えた日。
昼は稽古に出た。正確に言うと朝から出かけた。
烏丸だった。電車でもぴゅっといける。昼の稽古はいいな。終わってから時間にゆとりがある。みんなでランチした。和見の先導でついていくと大人数でもゆったり座れる穴場みたいなカフェであった。店員さんもスマートだな。スマートで思い出したが劇団員全員スマートフォン、iPhoneになった。
みんなでランチ、こういう時間も大事だな。まぁ、だいたい稽古終わりはみんなでO将行ったりしてるか。でも、こういうカフェでランチ。みたいなのもたまにはいいな。

稽古でいろいろと新しい動きに挑戦してる。今日は、通称「ウインウイン」や通称「カッカッカッ」という動きの新たな方針が見えた。できたらいいなぁ。
苦しい「かかとグーパー」をやりながら、頭の中は昨日DVDで観た「映画 中村勘三郎」の厳しい稽古風景や早変えに走り回ったり語る勘三郎さんの眼差しの澄んだ目を時々思い出してた。新しい動きに挑むとき、勘三郎さんの稽古のように、型をつくる気持ちで動いていたい。
しかしながら身体のあちこちがかちかち山だ。カチコチになっていやせんかいナウ?
ナウは、Twitterでよく使われ知られる用語だが、文楽を観てたら、義太夫が泣き叫ぶように、ナウ〜!と時々言うのを、おもろいなぁ思ってたので使ったナウである。
ともあれ、柔らかく身体が動かせんのである。身体のコリや歪みからくるものと、その司令塔である脳の柔らかさ不足からくるのと同時にあると思う。
もっと脳をやわらかくして身体をコントロールしないと。
ノウを軟化させよう、と言うと、こわい病気の名前みたいやねイヤあね。しかし、そんなのんきな気分でなく、ノウ、なんかしよ〜よ〜!ナウ、ナウ、ナウ〜!と泣き叫びたいくらいなのである。

帰りに本屋の健康コーナーで、脳もやわらかに身体を動かそう、というエクササイズの雑誌があり、ぱらぱら見てると、以前ダンサーのMさんの誘いで一日体験してみたものだった。じっくり目を通して見たいなあと気になったので、同じく気になり手に取ってた売上げ好調と評判の文學界と、面白そうな筒井康隆の文庫本と、みんな一緒に購う(あがナウ)。

夕刻、部屋に帰り、KBS京都のニュースでほんやら洞の特集があるのを甲斐さんがFacebookで言うてはったのをふと思い出し、たまたまテレビの前に居たので見た。

焼け焦げた跡から、煤だらけのノートを掘り出し、燃えカスにならずきれいに文字が読めるページを見つけて開く甲斐さん。
「誰々からの手紙が残ってたわ。これはお宝や」と嬉しそうに言う甲斐さん。
キッチンから使えるグラスを選別し八文字屋のカウンターに移動させる甲斐さん。

特集VTRの最後に甲斐さんが言う。
「ほんやら洞を知ってる人は『あー、最近行ってないなぁ、行こうかぁ思ってたのに、ああ焼けちゃったなあ…』と思ったでしょうねぇ。ボクは日記もフィルムもなくしてしまったけど、無くなってしまったからこそ、『もっぺん記憶を掘り起こす』ことができた。ほんやら洞を思ってくれてた人と、もっぺん記憶を掘り起こす、そんな機会になったんちゃうかなあ…』
人を楽しませようとするカラッとしたいつもの口調の甲斐さんの声は、未来に向かう声やと思った。

途中のVTRで甲斐さんが八文字屋でお客さんと談笑してる場面がありカウンターの中の壁に「SILVER30」のチラシが貼ってあったのが映った。

2010年、「SILVER30」の前まで、ぼくはしばらく休止してたが、その復帰表明の意味もこめて、ソロ舞台「弾き鐵」をやらせてもらったのがほんやら洞だった。
「SILVER30」は2月で、「弾き鐵」をやったのが前の年の暮れのクリスマス直前で、本番前の仕込みとリハに前日の夜、ひとり、ほんやら洞に泊まり込みさせてもらった。夜中に何度か缶のほうじ茶を求め自販機に行って、ほうじ茶がほんまに温かったのを覚えてる。

その前に、ほんやら洞の大掃除を手伝った。
(参考までに、当ブログ アーカイブから2009年10月19日「おお!掃除」に記されてある。)


天気のよい日だった。
その時一緒に掃除したIさんに、返信することがあり、ついでに「ふと、ほんやら洞の大掃除の時の写真を最近見たんですが、Iさん、あの時髪短くて精悍でしたね」とメールした。
その日の夜、磔磔でライブを聴いた後、その余韻でぶらぶら歩いて木屋町に辿りつき、アバンギルドに寄り、時間は瞬く間に過ぎ終電を逃した。
木屋町通を下がり、歩きながら、八文字屋のあるビルの前で、八文字屋寄ろかなぁ、甲斐さんひとりかなぁと頭を過ぎり迷ったが、懐寒いしなぁと、結局寄らずに通り過ぎた。
懐は寒いけど、なんや今日はそんな寒ないし、歩いて帰ろかなぁって、滅多に起こらん発想がわいて、よし!と何時間くらい歩いたのかわからないが、桂川がようやく見え、越え、何とか歩いて帰ったのだった。
そんな滅多にせんことしたその明け方、コタツでうとうとしてたらほんやら洞が火事になったと聞いた。
聞いてから、言葉がでなくて、しばらく心臓がばくばくしてた。

いまだにほんやら洞の前は通れないし八文字屋で甲斐さんに何て言うたら…と寄れないままでいた。
Facebookを通じて甲斐さんのご様子は伺い知れるし、今日はニュースの映像で姿を見れ、声を聞け、やっと何か安心したような気持ちになれてきた。

また、1月は4日から風邪をひき、年末に痛めた足の付け根がずっと痛く走ることができず、後半は、ほんやら洞の火事を聞き、ぽっかりしたような落ち着かない気持ちのままで、寝違えたみたいに首を痛めたり、そんな平行線で日々が過ぎてたが、今日いま頃になり、ようやく調子が戻せそうな予感がしてきた。やはり気の持ちようなのだ。
2月はラジオ出演、上映会、短編公演と忙しくなるのだ。ますます整えていかねばと思うのだ。

しかしながら、部屋に居ると外からの隙間風がシンシンする。首にスカーフを巻きマスクをしながら寝ようとしながらも寒くて寒くて寝れないナウ!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM