大切な人

  • 2015.12.25 Friday
  • 11:01
いよいよ明日です。
朗読「大切な人」に出ます。

会場の錦鱗館は吉田山の麓に静かに佇む重厚な隠れ家のような趣きです。
硝子戸の向こうに大文字山を臨む庭が落ち着きます。
舞台から、生声、生演奏の響きが沁みます。
ほんとにいい場所で、楽しみです。



(錦鱗館
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1135617/1157152
)

仲代奈緒さんとの練習の際は、いつも緊張してしまいますが、本番では落ち着いて務めれたらな、と思います。

お時間よろしかったら、お越しください。



「大切な人〜私の家族が見た戦争〜Original Ver.」

出演 仲代奈緒 草壁カゲロヲ(VOGA) 山下智子 DAI 増田将也 黒川雄司(pf)

12/26(土)17:00 〜 open16:30

京都 錦鱗館 京都市左京区吉田神楽岡町3番地 tel 090-5974-8372

¥3800

・お申し込み先 neneprojectcompany@yahoo.co.jp

タイトルに「チケット申し込み」とお書きになり、お名前、住所、電話番号、公演日、枚数をご記入の上、メール下さい。


母、宮崎恭子が亡くなる前にこれだけは出版したいと7年かけて書いた物語「大切な人」。

2011年8月二木てるみさんを迎え東京で初演したこの作品は好評を得て、同年12月若村麻由美さん、山本太郎さん他を迎え再演。昨年8月には大阪、神戸と念願の関西公演が叶いました。有難いことに「大切な人」は関西でも好評を得て、京都、奈良、姫路、名古屋等で再演。そして今夏、秋の関西東京での戦後70年特別公演と、初演から28ステージの上演を続けています。

今年は戦後70年ということで、何か皆様に特別なものをお届けしたいと考えておりました。

本当の意味の「反戦」は、戦争の恐ろしさや悲劇を伝える事ではなく「本当に大切なものに気づくこと…」。

これこそが、本当の「反戦」であり、全てを愛することが出来れば争いなどなくなり、皆がしあわせに暮らせると思うのです。

「大切な人」は70年前の物語ですが、今と重なる部分が多く、戦争は過去のものと思っている世代の方には、ぜひ、観て頂きたい作品です。この作品は「戦争」の物語ではなく、少女時代の母・恭子の目を通して見た「家族の物語」です。

戦後70年特別企画。最後の関西公演は、2つの演目でお届けします。東京で上演していた「大切な人」オリジナルバージョンに京都の劇団、VOGAより草壁カゲロヲを迎え、新しい「大切な人」を上演致します。
この「愛の物語」を通して、家族とは…、幸せとは…、本当に大切なものとは…。そんな事を考えて頂けたら嬉しいです。

*この公演には、愛の波動と言われる528hzを使用しています。今までにない、癒しの空間をお楽しみください。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM