靴下片っぽ、乱歩な散歩

  • 2007.02.09 Friday
  • 08:30

●〇

このところ 靴下片っぽが、
行方不明になる事が、
多々繰り返されている。
事件を振り返ってみよう。

まず、私は風呂上がりに足先の保温のためにくるぶしまでの短い靴下を履く。
そして、もしも寝床で寝相の悪かった場合、必ず足先が布団からはみ出て寒い思いをすると予測して、その対策に靴下のまま眠る。

すると、朝目覚め、床に立った時に片っぽの靴下が無くなっているのに私は気が付く。
行方不明の先に心当たりはある。
おそらく、否、当然、布団の中だと推測される。
しかしながら私は、寝ぼけ眼での実に手ぬるい捜索をする。
なので案の定、目的の片っぽは見当たらず、私はあきらめ、片っぽ素足、片っぽ靴下のアンバランスのまま台所に行きコンロで湯を沸かし食卓に着席する。

「ムム〜、靴下が布団の中で隠れんぼしているのであろうか。フフ、こ憎らしいことをしてくれる片っぽ靴下め‥」
爐圓紂次爾圓紊圓紊圓紊圓紂繊繊疋圈璽圈璽吋肇襪亙点に達した。
私は立ち上がりコーヒーを淹れる。

「そうかぁ!靴下がくるぶしまでの長さということが単純に脱げやすくなる原因なのかもしれん」
湯を注ぎ終え、カップは熱湯で満たされブラックの香りが漂う。

「では、今度からは長いのを履こうではないか!」
私は再び着席し、コーヒーカップを見つめ、ほんのしばらく冷めるのを待つ。

「待てよ。長いのだと布団の中では暑苦しくはあるまいか?!」
「否、そもそも、くるぶしまでの長さですら暑苦しい状況だったから、寝ながら片っぽの足先で自ら脱がしていたのではなかろうか!」

‥など、いろいろ難しい顔をして考えながらコーヒーを飲んでいたのだろう。
テーブルの上にのった猫が私の顔を不可思議そうに覗き込んでいた。(※写真1猫)

+報告;靴下片っぽ行方不明事件は大概その夜その夜、布団を整える際に発見、無事保護され解決している。

●〇

2月8日昼過ぎ、Y屋橋駅前にO谷氏、T千代氏、AさんのArtTheaterdBスタッフと集合。
来月、大阪市立現代美術館を中心にした大阪アートカレイドスコープ2007があり、コンテンポラリーダンスを大阪の近代的な建造物を背景に歩いて移動しながら見ていくツアー『RANPOの風景』という企画があり、その関係で下見、打ち合わせを兼ねた散歩をしてきた。

大阪市役所と中之島図書館の建物の狭間から出発し、ビルの谷間を歩きながら次の近代的建造物を目指し、目的のビルに行き建物の中に入り、各所で出現するダンサーに遭遇する。
そこで私、そのツアーの案内人のご用命を承った。
テーマがRANPO、江戸川乱歩なだけに怪しげな紳士、怪紳士Kがふさわしいとの経緯があってのことであった。

なのでしっかりシュミレーションせねばと、探偵のように黒皮のメモ帳を片手にし、はじめて訪れるお客の目線と気持ちを心がけて一歩一歩と歩みを進めた。

【怪紳士Kメモ】
〓此処はオフィス街であるが、行なわれる曜日は→日曜日。
●恐らく車も人も少なくひっそり/静けさが辺りを包んでいるだろう。
〓此れらの立ち並ぶビルの群れはもの言わず我われを見張っているようである。
〓ビルは近代的西洋を模したデザインの▲扉!○窓!■壁! _|彡サッ!!
〓《≪あっドブ鼠!(一瞬目を奪われ)/はっ!赤信号!(思わず一歩踏み出し)あっ、危ない!!車が、ギャア…アッ!!!ハァァァァァ!!(冷や汗;)》
〓壁の隅っこ、暗がりにゾクゾク/目は爛々/輝く。
行く先々での建造物の趣意深さに目を奪われていると、目の前突如出現する妖しげなダンサー、貴方はたちまち白昼夢のなか!....................


と、いうことで昼下がりの乱歩な散歩にお時間あればご一緒しませう。

(※写真2 最終会場;芝川ビル)
↓以下、dBよりの案内文

●〇

大阪アートカレードスコープ2007コンテンポラリーダンスツアー
『RANPOの風景』

今回、会場となるスペースは大阪が人口において東京を抜いて、全国一となり「大大阪」といわれた1920年代から30年代にかけて建設された建物が中心となっている。当時、産業の面だけでなく、文化、芸術、教育の面でも日本の中心地として繁栄した。
その頃、あの江戸川乱歩が大阪(守口、門真)に住み、初期の短編「屋根裏ノ散歩者」等を執筆していたことはあまり知られていない。
「RANPOの風景」では、彼の生み出した怪奇、幻想、エロス、迷宮等の世界を、大阪の近代建築を舞台に身体表現として浮かび上がらせる試みである。

日程:2007年3月11日(日)
昼■ツアープログラム
15:00大阪市役所裏集合(最寄り駅地下鉄京阪「淀屋橋」)
◇15:10-15:20「影男」◎伊波晋 at 大阪府立中之島図書館西側
(↓移動)
◇15:40-16:05「エレベーターガール」◎野口知子 at 船場ビル<エレベーター>
◇15:45-16:00「怪奇金粉人間」◎新世界ゴールデンファイナンス at 船場ビル<屋上>
16:05 船場ビル出発
(↓移動)
16:15 at 芝川ビル前 解散(予定)

↑↓ツアーナビゲーション・アーティスト:「怪紳士K」◎草壁カゲロヲ 

夜■ 芝川ビルプログラム
18:30-19:30
18:15-18:30受付 at 芝川ビル入口
◇18:35-18:50「屋根裏の散歩者」◎ウラナチ at1階
◇18:50-19:10「一寸法師」◎野田まどか at 踊り場トイレ
◇19:10-19:25「畸形の天女」◎千日前青空ダンス倶楽部 at 地下調理場
19:30 解散

‐無料参加‐
昼・ツアー予約受付不要
夜・芝川ビル事前予約申込要

問い合わせ;NPO法人 DANCE BOX/ArtTheater dB
TEL:06-6646-1120
FAX:06-6646-1149
IP-phone:050-5526-3536
E-mail:dancebox@rock.sannet.ne.jp


コメント
絶対行きます★
今からすごく楽しみ^^
  • liz
  • 2007/02/18 7:34 AM
どうぞお越しくださいませ。
当日は良いお天気だといいですね。

  • kagerowo
  • 2007/03/03 3:42 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
大阪市内16か所でアート作品を展示する、大阪府立現代美術センター主催『大阪・アート・カレイドスコープ2007』展のイベント、コンテポラリーダンスツアー「RAMPOの風景」に、ナビゲーション・アーティストとして草壁カゲロヲが参加します。是非、ご参加下さい!
  • Lowo=Tar=Voga|VOGA NEWS
  • 2007/02/18 11:55 AM

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM